セミコム社長のブログ
2012/10/29

空の下

空の下 有川 浩著
「阪急電社」「シアター」等楽しいを書いている有川氏のSFです。
登場人物、フェイク、白鯨の関係がやさしさ、悲しさ、弱さ、愚かさ等の人間味が出ている作品です。
華々しい超音速機のテスト飛行から突然の事故で始まります。
主人公は大人と高校生の各2人です。
フェイクと白鯨が人間と意思の疎通を持つところが面白いです。
今までの作品同様軽やかなタッチで面白かったです。
<<...>>

page top