セミコム社長のブログ
2015/09/22

論語と算盤

三鷹実践経営David講師より話題に上がる本を拝読しました。

「論語と算盤」渋沢栄一 守屋淳訳

日本資本主義の父と呼ばれ設立に関わった会社は約470社、また500以上の慈善事業にも関わりました。
論語の教えを経営者に教え込み節操のない利益主義に歯止めをかけることを体現しています。
つまり「利益至上主義から社会的責任を重視せよ。」
国を富ませ人々を豊かにし幸せを目的にすることで事業活動を行っています。
三菱の岩崎弥太郎に共同事業を持ち掛けられるが私腹を肥やすことが目的ではないと断っています。
仁、義、礼、智、信が重要と説いています。
佐々木名誉講師の教えに通じます。

page top