製品紹介

Tungsten Heavy Alloy/タングステンヘビーアロイ

●タングステンヘビーアロイ
●タングステンヘビーアロイ

タングステンヘビーアロイの特徴

  1. 高比重18.0g/cm3
  2. 剛性がある。
  3. 微⼩磁性品と⾮磁性製品がある。
  4. 耐熱性がある。(400℃まで酸化しません。)
  5. 低熱膨張(5.3X10-6/℃)
  6. 高熱伝導率(75W/m・K)
  7. 放射線の遮蔽。
  8. X線とγ線の吸収。

タングステンヘビーアロイの製造方法

  1. 各種金属パウダーを均一に混ぜる。
    タングステンを主成分にNiFe,NiCuをバインダーにする。
  2. プレス成形
  3. 焼結
  4. 素材完成

タングステンヘビーアロイ使用例

航空産業 機構の均衡を図る為最小の体積で製作できます。
*ヘリコプターのプロペラ(錘)
*航空機の方向蛇(錘)
*レーダーアンテナ(錘)
自動車産業 エンジン開発で重要なポイントの一つは最小スペースで製作することです。
*クランクシャフトとフライホイールの錘
医療産業 放射線遮蔽のコーリメータ及び容器。
半導体製造業 セラミックと金属の緩衝材
製造治具
製造業 切削深穴加工において加工精度と加工面は重要です。
超硬ホルダーと違い一体製作で剛性が出ます。
たわみ・びびりを解消しました。
*内径加工用ホルダー

亜鉛、アルミニュウム、マグネシュウム等の⾮鉄⾦属及びその合⾦のダイカスト⾦型及び周辺部品に御使⽤ください。
※⽋損ダメージが減ります。
page top